見直しで変わること

医療保険は進化を続けていますので保険見直しが増加しています

医療保険は死亡保障の生命保険と比較すると新しい分野の保険であって、近年になってその普及が広がっています。外資系の保険会社が過去には独占的に販売をしていましたが、今では国内の大手生命保険会社や損害保険会社系列の生命保険会社も参入していますので、商品開発が活発に行われています。そのため、医療保険の保険見直しは保障内容の見直しが中心になります。それまでは保障対象になっていなかったものを保障する商品が出てきていますので、それを特約で追加するような保険見直しが増加しているのです。医療保険は加入年齢が高くなると保険料が上昇しますので、過去の契約を解約して新たに加入することは得策ではありません。そのため特約の追加による保険見直しが主流になっています。

医療技術の進歩に伴って更なる商品開発が期待されます

最近の医療保険には厚生労働省が認めている先進医療の治療費を実費で支払うような保障が追加されている商品もあります。このような治療は健康保険の対象になりませんので、治療費が高額になってしまいます。このような治療に対応した特約を追加する保険見直しを実施する人が増加しているのです。医療技術は日進月歩ですので、今後もますます進歩すると言われています。その医療技術の進歩によって医療保険も商品性が進化しますので、今後も商品性が変化することが予想されています。その商品性の変化によって保険見直しをする機会も増加することになります。平均寿命が長くなり、医療や介護に関する関心が高まっていますので、医療保険の保険見直しが増加しているのです。